よくあるご質問

Q.最近、抗ミューラー管ホルモン(AMH)を測ると、卵巣年齢がわかると聞きました。

卵巣には卵子が小さな卵胞に包まれて多数存在しています。抗ミューラー管ホルモンは、この前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌され、その値は卵胞の数を反映して年齢が上がるにつれて次第に低くなり、閉経すれば測定感度以下となります。ただ、個人差もかなり大きく高齢者でも高い値を示すことがあります。
抗ミューラー管ホルモンが低くても自然に排卵が起こったり、排卵誘発剤を使用して排卵させることも可能です。ただ、体外受精のために卵巣を刺激しても、抗ミューラー管ホルモンが低いと排卵誘発剤が効きにくく、採れる卵子の数は多くありません。
最近では、この抗ミューラー管ホルモンを測って卵巣刺激法を選択するクリニックが多くなってきました。

このページのトップへ