よくあるご質問

Q:以前にクラミジア感染症になったことがあります。不妊の原因になりますか?

クラミジア感染症は、性交によってうつる性感染症の1つで、最近日本で急増しています。特に若い女子中高生で増加しており、将来、不妊の予備軍になるとして憂慮されています。
自覚症状が比較的軽微なので、感染に気がつかない人が多いようです。あまり症状はみられませんが、人によっておりものの増加や性交痛、下腹部痛などが起こることがあります。

クラミジアはウイルスと細菌の中間に位置する病原体で、性交によって膣から子宮頸管、卵管、腹膜へと次第に広がっていきます。治療せずに放置すると腹膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを起こし、卵管が閉塞し卵管水腫を形成して、不妊や子宮外妊娠、流産の原因になります。クラミジアの感染が過去にあった方は、治療の有無にかかわらず卵管水腫にまで進行しているかどうか子宮卵管造影検査で確かめておきましょう。
このようにクラミジア感染症は、不妊の原因となり得るため、受診したら必ず医師へ伝えて適切な検査と治療を受けるようにしてください。

このページのトップへ