成田病院のあゆみ

目標

赤ちゃんの誕生を希望していらっしゃるご夫婦の期待に応えるため、高度生殖医療を絶えず取り入れ、生命誕生、出産までを総合的にサポートする体制を目指しています。そのため、体外受精、顕微授精、胚移植のばかりでなく、腹腔鏡、子宮鏡手術などにより、妊孕力を回復するための外科的治療法を導入しています。

成田病院の歩み

昭和18年

故成田幾治(京都大学卒、ハルピン大学産婦人科教授)により現在の地に創設。以来、長年にわたり地域社会に密着した産婦人科として、誠実に貢献。

平成3年

現理事長 成田收が名古屋大学より帰院し、病院を全面的に改修し、高度先端医療(体外受精)に対応すべく培養室、ホルモン検査室、採卵室を新設。
また、顕微授精装置・胚凍結装置・精子凍結装置を設置など、あらゆる不妊症の診断と治療に対応できる体制を築く。

平成10年

外来部門を増設し、一般産婦人科外来と不妊専門外来を分けプライバシーが守れるよう、またアメニティーの一層の向上を図る。

平成12年

日本最大規模のJRセントラルタワーズ19階クリニックセンターに、レディスクリニック「セントソフィア」を新設し、本院(成田病院)との連携をとり、みなさまの一層の利便性の向上をはかる。

平成14年

大沢政巳副院長が院長に就任。

平成19年

新たに体外受精の培養室、採卵室、病室を増設し、より良い成績の向上に努める。

平成23年

内科、本館1階に本格開設。

平成24年

新南館が完成し、多目的ホール、図書室、ゼミナール室を新設。

平成27年

培養室を拡張・新しい培養器具を増設。

現在は、厚生省の定める産婦人科臨床研修指定病院と生殖医療指導医在任施設となっております。

今後も皆様がより満足していただける治療環境づくりに、一層の努力を続けてまいります。

このページのトップへ