診療案内

産科外来・小児検診

当院の分娩方針

成田病院では、出産は本来生理的なものと考え、基本的に自然分娩の体制をとっています。
産婦さんと胎児の持っている自然な力を十分に発揮して、元気に出産していただくためにも、妊娠中から健康的にゆったりした気持ちで過ごすことがとても大切です。
出産に対してのご希望や、気になっていること、不安に思うことがある場合は、外来受診時、または助産師外来の際などに医師または助産師に是非ご相談下さい。
妊娠、分娩は順調に進むことが理想的ですが、時には医学的処置を必要とする場合が生じます。しかも産科の特殊性として、その処置は急を要することもあり、その場でゆっくり説明する時間が無いことがあります。そこで、皆様が分娩に臨む前に、私たちが日常行っている分娩時の対応の仕方をあらかじめ知っていただくことが必要であると考えますので、下記の事項をご理解いただきますようお願いいたします。

1.分娩監視装置

分娩中の胎児の元気さや、子宮の収縮の状態を検査します。お腹にベルトを2本巻いて行います。
検査時間は、胎児の心拍の状態や分娩の状況によって決まります。

2.点滴

分娩室では不意の出血に備えて予防的に点滴(ブドウ糖)を行います。

3.会陰切開

会陰の伸展が十分でないために分娩時にひどく裂けると予想されるときや、胎児心拍に異常があり、早期に娩出した方が安全であると思われる場合に行います。会陰の縫合には通常自然に溶ける吸収糸を用います。

4.陣痛促進剤の使用について

陣痛促進剤は、予定日を過ぎても陣痛が自然に来ない場合や、陣痛が来ても進行が見られない場合に用いられます。分娩誘発や陣痛促進は、母児にとって利益があると考えられる医学的適応によってのみ行われるものであり、病院や医師の都合で行われるものではありません。陣痛促進剤は内服剤と持続点滴の方法があります。内服剤は1時間に1錠ずつ子宮収縮の状態と胎児心拍を確認しながら内服します。点滴の場合は少量から開始し、分娩監視装置により赤ちゃんの状態を胎児心拍で監視し、子宮収縮(陣痛の強さ)をモニターし、細心の注意を払いながら投与します。いずれの場合も、適応と方法を説明し、同意を得た後に使用します。

・分娩誘発
(予定日を過ぎても、あるいは破水したのに自然陣痛が来ない場合に陣痛を誘発すること)

予定日を2週間以上過ぎる過期妊娠では、胎盤の機能が低下し、そのまま放置するとお腹の中で赤ちゃんの状態が悪くなることがあります。したがって、外来での超音波検査や、胎児心拍をモニターするNSTという検査を行いながら、状態が悪くなる前に陣痛促進剤を用いて陣通をおこします。また、陣痛が無いのに破水してしまった場合(前期破水)には、子宮感染の有無を調べ、赤ちゃんやお母さんの状態を十分に検査した上でその後も陣痛が開始しない場合は、陣痛促進剤を用いて分娩誘発を行います。

・陣痛促進
(陣痛が弱い場合に陣痛を増強させること)

陣痛が除々に強くなると子宮口は開大し、赤ちゃんは骨盤の中へ下がってきます。しかし、陣痛は来たものの、なかなか強くならない場合があります。このような場合は、赤ちゃんが長時間の子宮収縮によりストレスを被り状態が悪くなったり、母体が疲労して分娩の進行がさらに遅れること(遷延分娩)になります。したがってこの場合にも陣痛促進剤を投与します。

5.急速遂娩について

分娩中にお腹の中で赤ちゃんの状態が悪くなることがあり、その程度がひどい場合には急いで分娩にしなければなりません。この場合、子宮口が全開大で、児頭が鉗子分娩や吸引分娩を行える位置まで下がっていれば、経膣分娩による急速 遂娩( 鉗子分娩、吸引分娩)を行い、それ以外の場合は帝王切開を行います。

・吸引分娩

児頭にシリコン製のカップを装着し牽引して胎児を娩出させる方法です。牽引力は鉗子より弱いのですが、あとわずかで児頭が娩出される位置まで下がっていれば安全にできる急速遂娩法です。吸引分娩の際に、会陰のひどい裂傷を防ぐために会陰切開を入れますが、この傷が延長することがあります。その場合に、会陰切開の場合と同様に正しく縫合すれば問題ありません。児頭に頭血腫が生じることもありますが、通常自然に吸収されます。

・鉗子分娩

児頭を大きなスプーンのような鉗子ではさんで牽引します。鉗子は正しく使用すれば安全に確実に赤ちゃんを娩出させることができます。鉗子分娩の際に会陰のひどい裂傷を避けるため会陰切開を入れますが、この傷が延長することがあります。その場合に、会陰切開の場合と同様に正しく縫合すれば問題ありません。赤ちゃんの頬に鉗子圧痕といって鉗子の痕がつくことがあります。これは通常2~3日で消えるので問題ありません。

・帝王切開

帝王切開は妊娠中や分娩中に胎児の状態が悪くなった時や、妊娠高血圧症やさまざまな合併症、さらに母体疲労など母体の調子が思わしくない場合など普通のお産では母児を救うことが難しいと判断されれば緊急に行われます。また骨盤位(逆子)や児頭骨盤不均衡、子宮手術の既往のある方は、あらかじめ予定日を決め計画的に行います。現在、帝王切開は手術法や麻酔法の進歩により安全に行われるようになりましたが、経膣分娩に比較すると、術中の出血、術後の血栓症、感染症などの危険があります。このような合併症の頻度は高くありませんが重症の場合は危険です。さらに、帝王切開をした場合は次回の分娩も帝王切開になります。したがって安易に帝王切開を選択はしません。当院では、母体と胎児の状態をあらゆる面から十分に検討した上で、帝王切開が必要と判断した時に、細心の注意を払って施行します。帝王切開の際の麻酔は、原則として脊椎麻酔で行います。

6.輸血について

帝王切開や鉗子分娩の時、また正常分娩であっても、弛緩出血、頚管裂傷、膣壁裂傷などにより、分娩時に思いがけず大量に出血することがあります。さらに、前置胎盤、胎盤早期剥離、子宮破裂などでも大量に出血することがあります。出血多量の場合、救命のために輸血は絶対に必要ですので、輸血をする場合があることを了解しておいて下さい。このような緊急の場合、近隣の高次医療施設に搬送となり治療を受けることもあります。なお、宗教上の理由により輸血を拒否される方の分娩はお受けしておりません。受け入れ可能な医療施設をご紹介しますので、お申し出下さい。

7.産科麻酔について

当院では無痛分娩はしておりません。しかし、会陰切開や会陰裂傷の縫合では、歯科医さんでも使用する注射の局所麻酔を使います。局所麻酔アレルギーのある方はあらかじめ申し出てください。

8.新生児について

分娩後の赤ちゃんは、原則として一定時間を経過し、お母さんと赤ちゃんに異常がない事を確認した後に母児同室とします。当院では赤ちゃんの診察と簡単な治療(一時的な酸素投与、黄疸に対する光線治療)は行っていますが、専門的な治療は行っておりません。赤ちゃんに異常がある場合や、検査・治療が必要な場合は、近隣の高次医療施設のNICU(新生児集中治療室)へ転院となります。その際は、医師から状況の説明があり、お母さんの調子が良ければ、赤ちゃんのいる病院へ面会に行くことができます。

9.カンガルーケアについて

出生後赤ちゃんの羊水を抜き取り、おむつだけを着けた状態でお母さんの胸に直に抱き、肌と肌を触れ合わせる事をカンガルーケアと言います。母子の絆を深める、母乳育児を促進する、赤ちゃんが安心し、全身状態が安定するなどの効果があります。
当院では、母児に異常がなければ全員の方にこの方法を行っています。お母さんの気分が悪い時や、赤ちゃんの調子が悪い時は中止します。又カンガルーケアを希望されない方は、お申し出下さい。
なお、カンガルーケア中は、赤ちゃんの状態を十分に観察するため赤ちゃんにモニターを装着します。

10.夫立会い分娩について

当院では、赤ちゃんとお母さんが、自分の家にいるような雰囲気の中で、リラックスして出産していただくために夫立会い分娩をしています。陣痛室ではご主人以外の方も付き添っていただけますが、分娩室で立ち会うのはご主人様に限ります。また、立会い分娩をするにあたり以下の条件を必ず守ってくださいますようお願いいたします。

(条件)
  • 夫、妻ともに立会い分娩を希望している。
  • 当院が開催している両親学級または、後期母親学級に夫婦ともに参加すること。止むを得ない理由により参加できない場合は、外来受診時に助産師にご相談下さい。当院で前回立会い分娩を経験された経産婦の方は参加不要ですが、ご希望の方は参加して下さい。
  • 分娩時は病院からは連絡しませんので、家族間で連絡をとりあうこと。
  • 立会い分娩は正常分娩に限ります。急速遂娩( 吸引分娩、鉗子分娩)の場合や、医師が立会い不適切と判断した場合には退出していただくこと。
  • 夫は必ず協力者として入室すること。
  • 分娩が終了するまでは分娩室内でのカメラ・ビデオ撮影は禁止。
    ※カンガルーケアー開始以降は撮影できます。
  • 当院は学生の教育機関になっておりますので、ご協力をお願いします。
  • 諸事情により、立会いができない場合はご了承下さい。
  • 帝王切開の場合は立会いはできません。

以上のことをご理解の上で、両親学級(または後期母親学級)に参加し、立会い分娩に臨んで下さい。出産する人の不安を少なくし、リラックスして最高の力が発揮できるよう、立ち会う方にもゆったりとした気持ちで出産を見守っていただきたいと思います。皆様がより良い出産ができますよう、私たちも精一杯の努力をさせていただきます。

11.その他
  • 妊婦検診は、23週までは4週に1回、24~35週までは2週に1回、36週以後出産までは1週に1回、また医師の指示があるときは指示通りに受診して下さい。インターネット予約が取れない時は、お電話にて直接予約をお取り下さい。毎回同じ曜日である必要はありませんので、2~3日前後してもかまいませんが、ご自分の判断で受診をとばしたり、受診されない方の分娩予約は取り消しさせていただくことがあります。
  • 経産婦の方の上のお子様連れの入院はできません。
  • 分娩入院費用は50万前後(処置、入院日数、病室等により異なります。)
  • 産後の病室は個室となりますが、お部屋の予約はできません。分娩終了時点で空いている中から選択していただきます。希望の部屋が満室の場合は、空き次第転室となりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
●おわりに●

分娩は病気ではありません。母児が持つ自然な力を十分に発揮し、母児ともに安全に分娩が終了することが理想です。しかし、妊娠・分娩では正常に経過していても突発的に思いがけない変化が起こることがあります。そのような時でも、適切な処置をとることによって母児の安全が確保されます。当院では、安全な分娩のために日々修練を積み、必要な処置を適切にとるよう努めております。当院で分娩される場合は、このような当院の分娩方針を十分理解していただき、同意の上、分娩申込書に署名して分娩の予約申し込みをして下さい。

このページのトップへ