名古屋の不妊治療・体外受精の産婦人科

成田産婦人科

アクセス

ご予約

初診予約

再診予約

メニュー

検査

不妊基礎検査(種類と検査時期)

不妊検査を月経周期に合わせて、いつ受けるのか、どのような種類があるのかをご紹介します。

不妊基礎検査(種類と検査時期)の図

不妊基礎検査の内容

検査の順序や詳しい内容、注意事項などは来院後にご説明いたします。

検査項目 検査時期 検査の目的・内容
① 問診・内診 初診または
必要時
初めての来院時、問診表にご記入をお願いします。
これまでの病歴や手術歴の有無、治療歴などをお聞きします。
医師の内診や超音波検査などで子宮・卵巣の状況をチェックして
治療方針を相談します。
② 超音波検査 低温期~高温期 低温期には卵胞・内膜の発育状態を見ます。
また、卵巣の腫瘍や子宮筋腫などを確認できます。
③ 基礎体温表 毎日計測 体温の変化によって排卵の有無や高温期の状態を確認します。
治療を進める上で大事な情報となります。
④ FSH 生理3~5日目 卵巣機能(卵胞刺激ホルモン)を調べます。
⑤ LH 生理3~5日目 卵巣機能(黄体形成ホルモン)を調べます。
⑥ 子宮卵管造影 生理後の低温期 卵管の通過性、子宮内腔の形などを確認します。
⑦ 卵管通水検査 生理後の低温期 卵管の通過性の簡易的な確認や
内膜ポリープの有無などを確認します。
⑧ フーナーテスト 排卵期 排卵期に分泌される頸管粘液と精子の相性を見ます。
⑨ プロゲステロン 高温期中期 黄体ホルモンの分泌状況を見ます。
妊娠にとって重要なホルモンです。
⑩ プロラクチン 随時 乳汁分泌ホルモンです。
通常より高値になると排卵に悪影響を及ぼすことがあります。
⑪ AMH
(抗ミューラー管
ホルモン)
随時 卵巣内の前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、女性の卵巣年齢(卵子がどのくらい残っているか)の指標と考えられています.また、卵巣の手術でも低下します。
⑫ 精液検査 排卵期以外 精液中の精子数・運動率・正常形態率を見ます。
⑬ 子宮がん検査 生理中以外 子宮頚がんの検査です。
⑭ 抗精子抗体 随時 女性の体内で精子と結合して不動化させ、
受精を妨げる抗体の有無を調べます。
⑮ 風疹抗体 随時 妊娠初期に風疹にかかると胎児に影響することがあります。
妊娠を希望のカップルは検査をお勧めします。
⑯ クラミジア検査 随時 性感染症で感染しても無症状であることが多く、
上行性に感染すると卵管炎や卵管水腫の原因になります。
⑰ TSH
  (甲状腺検査)
随時 甲状腺機能の状況を採血で検査します。
⑱ その他 随時 染色体検査(採血)、テストステロンやDHEA-S(採血)、
ブドウ糖負荷テスト(採血)などの検査も必要に応じて行います。

特殊不妊検査と治療

子宮鏡検査

先端にカメラがついた細い管状の器具(4mm)を
子宮の中に挿入して直接内膜の状況を見ていきます。
超音波検査ではわからなかった内膜の状況を見ることができます。
原則、麻酔なし、日帰りで行います。

子宮鏡検査の画像

子宮鏡下選択的卵管通水検査

子宮卵管造影検査で、卵管の根元(子宮付着側)で閉塞と診断された場合、
本当に卵管が閉塞しているのか、それとも反射的な収縮によるものか、
より詳しく卵管の通過性を確認します。原則、麻酔なし、日帰りで行います。

子宮鏡下選択的卵管通水検査の画像

子宮鏡下内膜ポリープ切除術

子宮鏡検査と同様に子宮鏡を通して
子宮内を観察しながらポリープの場所と大きさ、数などを確認します。
スネア(ワイヤーでできたループ状の器具)をポリープにひっかけ、
引っ張ることで切除します。原則、麻酔なし、日帰りで行います。
※ポリープの硬さや大きさ、位置関係、数などによっては、スネアで切除できない場合もあります。

子宮鏡下内膜ポリープ切除術の画像

子宮内膜着床能検査 (ERA)

胚(受精卵)と子宮内膜が着床する「着床受容期」について検査します。
体外受精は一般的な着床受容期に合わせて移植をしていますが、ERAによって受容期がずれていることがわかった場合には、胚移植を受容期に合わせて行います。

子宮内膜細菌検査 (EMMA)

子宮内膜の細菌の種類と量を調べます。
子宮内の乳酸菌の割合は着床・妊娠に関係します。
結果によって治療の提案があります。

慢性子宮内膜炎検査 (ALICE)

不妊症、不育症の原因となる「慢性子宮内膜炎」を起こす細菌を調べます。
検出された病原菌に対する治療に必要な抗生物質などをご提案します。