診療案内

不妊専門外来

不妊教室はこちら

7月25日(火)に開催します。

体外受精の勉強会はこちら

8月8日(火),8月22日(火)


9月9日(土曜・JRゲートタワー16階)

高度な先進治療のできる不妊治療の専門施設です

生命の誕生だけでなく無事出産に至るまで取り組み、総合的に女性医学を考えています。
不妊症治療の中でも、体外受精、顕微授精、凍結胚移植・腹腔鏡治療に力を注いでいます。平成3年より体外受精による治療を開始しており、これまで23年間の実績があります。また体外受精・顕微授精による治療を年間を約2,000周期以上に実施しております。女性医師が多く、女性特有の悩みを相談しやすいことも特色です。不妊カウンセラーによるカウンセリング、医師・看護師による体外受精勉強会や不妊教室を開いています。治療成績の公開とインフォームドコンセントによる治療をめざしております。入院設備があるため、体外受精にともなう合併症や、妊娠初期への対応、検査・治療ための腹腔鏡手術が可能であり、患者さんに安心して治療して頂ける事でき、個々に適した幅広い治療方法が選べます。

高度先端医療を行っています

不妊症に対する一般検査、ホルモン治療、人工授精のほか、 腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、体外受精(顕微授精)など高度先端医療を行っています。
平成3年秋に開始した体外受精(顕微授精含む)は、24年間で40,514件(うち凍結胚融解周期13,313件)行いました。そのうち9,658人(うち融解胚移植4,063人)が妊娠に至り、7,413人(うち融解胚移植は3,123人)が分娩しています。
最新の結果はこちらをご覧ください

顕微授精を行って、多くの出産例を得ています

重症の男性不妊症や受精障害不妊に対する顕微授精法は、平成4年から平成26年まで16,420件を施行しています。
最近重症男性不妊症の患者が増加し、顕微授精を必要とする患者が体外受精の半数以上に及んでいます。過去に無精子症のためAID(非配偶者間人工授精)以外に妊娠の可能性はないと診断された御夫婦にもTESEやMESAにより得られた精子を用いて顕微授精を行い、多くの出産例を得ています。
TESE:精巣内精子回収法
MESA:顕微鏡下精巣上体精子吸引法

また最近では、精液所見が良好であっても原因不明の受精障害がある可能性を考慮してスプリット法を選択されるご夫婦も増えています。
スプリット法:採取された卵子を2グループに分けて、一方の卵子には体外受精を、他方の卵子には顕微授精を行うこと。

診療内容(不妊専門外来)

一般不妊治療

① 基本的検査
② タイミング療法
③ 人工授精
④ 排卵誘発剤

特定不妊治療(高度生殖医療・体外受精)

① 体外受精:胚移植:胚盤胞移植
② 顕微授精:卵細胞質内精子注入法
③ 胚盤胞培養・AH(アシスティッドハッチング)
④ 分割胚・胚盤胞の凍結保存と凍結胚融解胚移植

不妊症の外科的治療

① 腹腔鏡検査と腹腔鏡下手術
② 子宮鏡下手術・子宮鏡下選択的卵管通水検査
③ 開腹手術

男性不妊治療の検査と治療

① 精子凍結保存
② 精巣、又は精巣上体精子回収術後の精子凍結
   連携:名古屋市立大学病院、協立総合病院

  • 個人情報保護法に基づき、ご本人様以外の方からのお問い合わせに対応しておりません。また、検査結果などのお問い合わせにも医師からの特別な指示がない限りお答えしておりません。

安心と信頼の絆のために

不妊症でお悩みの方、 健やかな出産を願っている方、 さまざまな方々が安心して診療していただけるよう支援プログラムを用意して 皆様のご参加をお待ち致しております。

不妊教室

講義風景
<参加対象>
  • ◎初めて不妊治療を受けられる方
  • ◎これから通院を考えている方
  • ◎タイミング療法などからステップアップを考えている方
  • ◎不妊に関係する病気、それに対応する治療内容を知りたい方
  • ◎不妊検査の種類・時期など基礎的なことを知りたい方

当院では、広く不妊症についての知識を学んで頂けるよう、上記の方を対象とした不妊症に関する教室を開催しています。当院に通院されていない方でも参加可能です。

日程:月1回程度
時間:午後2:30~4:00頃
講師:看護師
費用:無料

不妊教室はこちら

体外受精の
勉強会

勉強会風景
<参加対象>

現在当院にて不妊治療中の方で、これからステップアップして体外受精を検討しようとお考えの方やさまざまな原因により一歩進んで高度先進医療・体外受精や顕微授精を受けようと決意された方は、その治療スタート前に必ず勉強会に参加していただいています。
医師や体外受精コーディネーターからビデオ、スライド、テキスト等を使用し、体外受精の方法や費用等についてご説明します。
集団勉強会に時間が取れない方は、別の日に数人での指導日を設けますので、ご相談ください。


テキストの画像

日程:月2回
時間:午後2:00~5:00頃
講師:成田收医師(成田病院理事長)
費用:テキスト代のみ

体外受精の勉強会はこちら

このページのトップへ